意外と知らないビジネスマナー

ビジネスにおけるメールの有効性

ビジネスメールの役割

ビジネスの場において、取引先や顧客とのやり取りの際には、直接相手に会って会話をするのが一番ですが、相手との予定の都合や取引を急ぐ場合等の関係では電話に代わりにメールが重宝されます。このような時間の関係以外にも、メールには電話にはないメリットがあります。それは、電話は相手の状況がわからないため、忙しい人にいきなり電話をかけると、相手の時間を拘束してしまい不快な気持ちにさせてしまうことがあります。しかし、相手の様子をうかがい電話をすることは不可能なため、できる限り忙しいと思われる時間を外して電話をかけるしかありません。実際にビジネスマナーとして、始業後すぐの電話やお昼時の電話、そして就業前の電話はマナー違反とされています。この点、メールであれば、このような制約はなく、基本的にいつ送っても相手の時間を拘束することがありません。しかし、そのようなメールもビジネスの場においてはいくつかのマナーがあります。ビジネスメールのマナーについてよくわからないという方は、このようなマナーについての資格も多数ありますので、一度資格検定等を受けてみるのもよいと思います。インターネット等で検索をするとたくさんのビジネスマナーについての検定や資格がありますので、ぜひ一度挑戦してみましょう。

バックナンバー

ビジネスの基本情報

↑PAGE TOP