Eメールで行う連絡

Eメールでビジネスの連絡を

ビジネスのコミュニケーション

ビジネスの連絡手段として、Eメールの利用が世間一般に広がって来ました。以前は手紙や電話が主流でした。遠方の方々とコンタクトを取りたい時はそれらの連絡手段が活用されました。しかし、手紙は届くまでに時間が掛かり、レスポンスが悪く、電話は互いの時間を消費する等、デメリットがありました。インターネットの普及に伴って、その両方のデメリットがないEメールが世間に浸透しました。Eメールでビジネスの連絡を交わせば、迅速にコミュニケーションが図れます。またお互いに自分の都合に合う時にメールボックスを見れば良いため、電話よりも時間的な拘束がなく、ストレスフリーなビジネスのコミュニケーションが可能です。ただし、Eメールもまた手紙同様に一定程度のマナーは必須です。要件は簡潔に記載しましょう。また敬語や尊敬語は正しく使いましょう。丁寧な文体を意識する事は大事ですが、慇懃無礼になり過ぎても逆効果です。更に相手に伝わりやすい表現に置き換えるのもマナーです。自分たちの組織や業界だけで使われているビジネス用語を、他人にそのまま送付しても意味は通りません。特別なビジネス用語は分かりやすい表現に改善して送付するのが社会人としてのマナーであり、二度手間を減らすテクです。

バックナンバー

ビジネスの基本情報

↑PAGE TOP